クレジットカード現金化の注意点

悪徳業者に気をつけよう!

クレジットカード現金化はそもそも限りなくグレーに近い行為であるため、利用者を騙そうとする悪徳業者が多数存在しています。

利用者は一般的に正規の手段でキャッシングが不可能である多重債務者である場合が多いので、業者もあの手この手でさらに金を絞りとってやろうと躍起になっているのです。

実施にあった事例では、現金化にあたって法外な手数料やキャンセル料を請求されたり、悪質な闇金融に利用者情報を横流しされてしまうケースなどが見られます。

ですので、現金化を利用する際はしっかりと確認を重ねて真っ当で優良に営業している業者を見分ける必要があるのです。

HPの記載に騙されるな!

現金化をする上で最も参照する機会が多いのが、各々の業者が解説しているホームページでしょう。しかし、多くのクレジットカード現金化業者はHPに虚偽の記載をしているケースが多いです。

特に換金率98%!ととにかく高い換金率を謳っている例が散見されますが、ほとんどの業者で実際は換金率80%以下というのが現実です。

ただし、これは一般的にそうなっているという話であって、換金率が低くてもちゃんと換金自体は可能な業者は数多く存在しますのでご安心下さい。

さらに、手数料の類の記述にはしっかりと目を凝らす必要があります。利用者が騙されやすいポイントですので、非常に小さい文字や薄い文字で記載されているケースがあります。隈なくしっかり確認するようにしましょう。

最終判断は電話を使おう!

最後にこの記事を見ている皆さんだけに、優良な現金化業者を簡単に見分けるコツをお教えしましょう。

それはズバリ店舗に電話で問い合わせをすることでう。え?そんなことでいいの?とお思いでしょうが、現金化の場合、これがかなり肝となるポイントなんです。

というのも悪徳業者は、問い合わせに対する対応を想定していないためかなりぞんざいで杜撰です。業者にとっては所在地や問い合わせ先などの記載が一切ないHPを運営しているところなんかも見受けられます。

逆に言えば電話で丁寧にしっかり対応してくれる業者はほとんどが優良企業ということですので、細かい質問をしても答えられるかどうか一度確認してみることをオススメします。