仮想通貨の値動き
昨年の秋から冬にかけて仮想通貨の値段は大きく跳ね上がり、そして暴落。現在は多くの仮想通貨の値段が乱高下しています。

そんな仮想通貨の値動きを、非常に大まかにですが、分かりやすく簡単にまとめたいと思います。

ビットコインの値上がり

ビットコインは、これまでインターネット上の個人のブログやツイッターなどで語られるだけの存在でした。しかし2017年の秋ごろから、テレビなどでも紹介されるようになります。

また、それに合わせて各仮想通貨取引所もCMをうち始めます。これにより日本国内での知名度が上がり、ビットコインを買う人が増えました。

また世界各地でも同じような仮想通貨というものの周知が進み、結果としてビットコインの値上がりが始まったのです。

他の仮想通貨の追従

仮想通貨の中でビットコインは一つ頭の飛び出た、別格な存在です。そのため、ほとんどの仮想通貨はビットコインとの間での相対的な価値により値段が決められています。

例を挙げるとすれば、これは適当な値ですが、1ビットコインが10イーサリアム、1ビットコインが10000リップル、などです。そのため、ビットコインが値上がりすると、その他の仮想通貨の値段もそれに引きずられて上がることとなります。

ビットコイン以外の仮想通貨に投資する投資家も増えたことと合わせて、仮想通貨全体でのバブルが巻き起こったのです。

暴落

仮想通貨バブルの先端を走っていたビットコイン、しかし12月の中旬を境に一気に暴落することとなります。

韓国における仮想通貨の規制や先の見えない高騰への不信感、ビットコインを大量保有する集団の一斉売却など、原因は複数語られていますが、ともあれ値段は下がり、それでも2017年の夏ごろよりも遥かに高いのですが、ビットコインの値段はある程度で一時的に落ち着きを見せます。

仮想通貨全体でも、それに引きずられて値段の下落が発生しました。

値段の乱高下

その後から現在まで、様々な仮想通貨の値段は乱高下を繰り返しています。その原因は、モグラ叩きのように仮想通貨の値段が上がりかけると、何らかのマイナス要素が現れてその動きを下降に転じさせてしまうからです。

取引所の安全問題であったり、世界各国での規制であったり、そういったニュースが相次いで、仮想通貨達は未だこの混乱から抜け出せないというのが現状です。